記憶スケッチアカデミー





記憶スケッチ・アカデミーとは・・・



 「記憶スケッチアカデミー」にようこそいらっしゃい。提示されたお題を記憶のみに頼って描いてみることを「記憶スケッチ」とし、その作品を愛でながらも「人間と記憶とは、そして絵心とは」などについて研究しているのが「記憶スケッチアカデミー」なのです。
 人間の記憶のでたらめさを白日の下にさらすことによって、己の中にも確実に存在する「間抜け」を不可抗力として認めて生きていこうという、すでに宗教の域まで達したと言ってもいい理念に基づき活動しています。
 このページは、全国から寄せられた「記憶スケッチ」珠玉の作品集です。症例とかカルテと言い換えてもいいかもしれません。カタログ雑誌「通販生活」(カタログハウス発行)誌上において、同誌読者を対象に投稿を募っているのですが、毎回期待を裏切らないハイクオリティーな病状が報告されており、嬉しい悲鳴をあげたりしています。老若男女入り乱れてのあやふや合戦をお楽しみください。

記憶スケッチ・アカデミー理事長 ナンシー関





単行本「記憶スケッチアカデミー」(カタログハウス刊・1323円(税込)・2000年2月発売)もよろしく。ここに掲載されてないお題のカルテや、考察・座談会なども収録されてます。